5月号の作成を終えて

こんにちは5月号の作成を終えたあと、業務に忙殺しており、解説の事はなかなか書けずに今の時期になってしまいました。5月号はバザー準備号の様になっているのですが、バザーが終わった今、今回の解説を書いてみたいと思います。

 

1ページ

バザーの準備の写真を表紙に掲載させて頂きました。

いつものふれあいサロンの写真も掲載すれば、もう少し対比として分かりやすかったかな?と反省しております。

昨年の残りがそう多くはなく、献品受付スタート時はバザーになるか不安もありましたが、結果的には多数の献品を頂戴致しまして無事バザーが行われました。皆様のご協力誠に感謝です。

また、毎年その献品に値付けをボランティアでして下さっている皆様。写真に載っていない方もおられますが、その他にも多数のボランティアの方が値付けや当日のボランティアで参加してくださっております。

ボランティアの皆様、本当にありがとうございました。

 

コラム枠は私のコラムになります。

言いたいことはコラムに書いてしまいましたが、コラムもこのブログも言葉遣いには気をつけて更新したいと思います。

ちなみに慎始敬終とは「初めを慎んで、終わりを敬しむ(つつしむ)」という、「最初から最後まで気を抜かない」といった意味になります。

何気に自分の名前の漢字も入っていて気に入っている四字熟語ですが、総務に、広報に携わる身としてはこうありたいと言う四字熟語だとも思っています。今回の解説は、最初に反省から入っているという事は、慎始敬終が徹底出来ていないという事ですが・・・。

 

2ページ

2ページは今年度から始まりましたシャローム若葉一言掲示板です。

シャローム若葉の事業所はデイサービスからヘルパー、福祉用具など多岐に渡っております。

こんにちは紙面でも随時ご紹介しているつもりなのですが、事業所によっては年に1回しかこんにちはに掲載できない事もあり、シャローム若葉という施設全体をご紹介出来ていない状態でした。

今回の試みは、シャローム若葉の事業所を大きく2つのグループに分けて、それをせめて隔月で、一言で、紹介してみよう、というものになります。

実はこのページ。どういう形で作っていくかは、未だに完成されていない部分もありますので、レイアウトや背景画像等を模索しながら、見やすいレイアウトを探していきたいと思います。

 

3ページ

上段は現在グループホーム虹の家で勤務している大久保さんのひとり言葉になります。

新卒で入社して1年。仕事を覚えるのはもとより日々の業務をこなすのも大変だと思いますが、それでも頑張って1年勤務を続けてこられました。

学生から社会人へ。生活環境が変わるとそこに慣れていくのも大変ですが、仕事に慣れていって、これからのシャローム若葉を支えていって欲しいと思います。

 

下段は近所にあります「はま寿司」さんに取材をさせて頂き、色々とお話を伺ってきました。

ご入居者の中でも、お寿司が好物という方は多く、外食行事では「はま寿司」さんにお邪魔し、美味しいお寿司を頂いています。

記事の通りですが、私共の様々な注文にも快く応じて頂いている事を知り、私も以前より家族を連れて何度か通っている好きなお店ではあったのですが、より一層好きになってしまいました。

 

4ページは昨年度にご寄付頂いた方々のご紹介とバザーの直前のお知らせです。

年間様々な方からご寄付を頂いており、その想いを裏切らない様に気を引き締めて業務に当たりたいと思います。重ねてになりますが、本当にありがとうございます。

 

バザーについてはバザー前の最後の告知でした。

日程的にこんにちは印刷時期~発送時期にバザーが行われる事が多いので、例年5月号の紙面には告知も報告も出来ない事が多いのですが、今年のバザーは、こんにちはを発送(15日前後)して皆様のお手元に届いた後の週末(21日)という珍しいケースであり、告知をする事が出来ました。

今このブロクを読んで下さっている方には念の為お伝えしますが、バザーは無事に終了致しました。

6月号はバザー特集で紙面を作りたいと思いますので、ぜひそちらをご覧になって頂ければと思います。

 

と、今月号はまた長文となってしまいました。もうすこし簡潔に書けると良いですね・・・。

 

今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

カテゴリー: 広報委員会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です