4月号が無事作成されました

4月号が無事に発行されました。

先月号のブログの際にもちょっと書かせて頂きましたが、3月から4月にかけて年度末の仕事と、桜木本部に新たに第2居宅介護支援事業所が開設されまして、その書類申請の準備等で、私自身がなかなか時間が取れず4月号は休刊になるのではないか?と噂されてしまう感じでしたが、何とか無事に発行する事が出来ました。

今回も解説の様な物を書いてみたいと思います。

 

1ページ

今回の表紙の写真は若松事業所の枝垂れ桜を表紙にしました。

ソメイヨシノの丁度良い盛りが雨だったりと今年はお花見がなかなか難しかったと思いますが、この枝垂れ桜は4月12日に丁度見頃を迎え尚且つ天気も良かったので、広報委員長が撮ってくれた写真が見事表紙の写真となりました。桜の時期に天気が良いと言うのは、なかなか貴重なんですね。

コラムは施設長より新年度に向けた挨拶を掲載致しました。文章は四字熟語→四字熟語で〆られていますが、今回は2、3ページにて各事業主任さんやリーダーの方々に新年度の意気込みを書いてもらいましたので、合わせて四字熟語で御回答頂きました。

シャロンちゃんにも四字熟語で答えてもらった結果「桜梅桃李」との事。

桜も梅も桃も李(すもも)も皆違いますが、独自の良さがあります。オンリーワンの存在になってもらいたいと思います。

 

2-3ページ

今回は各事業の責任者の方々に質問する形で記事を作成させて頂きました。

忙しい所、質問に御回答頂きありがとうございました。

細かな内容は紙面にてご確認頂けたらと思いますが、作成に関わっていて面白かったのはQ4の四字熟語の質問です。1つ2つは同じ回答が出るんじゃないかな?と思っていたのですが、まさか全員違う回答が来るとは思っていませんでした。

この四字熟語回答。なんとなくですが各責任者の方々の気持ちが現れている様にも感じました。

個人的には非常に面白かった特集ですが、皆様はどう感じられましたでしょうか?

(本当は5・7・5で答えて貰おうかとも思ったのですが、それはいつかの機会にとっておきたいと思います)

 

下は入社式です。

シャローム若葉の平成29年度最初の行事になります。

新しい環境で働くと言う事は、ご利用者ももちろんですが、職員にとっては、共に働く同僚ですら初対面になります。新卒で入社する方は特に緊張が大きいと思います。それを上手にフォローしていって、少しずつ会社に馴染み、成長していって欲しいと切に願います。

私も新卒で入社しまして、気がつけば17年が経過して、今年18年目を迎えました。なんとも時が経つのは早いですねぇ・・・。

 

4ページ

バザーに関しては3月号でも告知させて頂きましたが、今月号も告知させて貰っています。

献品は既にお問い合わせが多く、中にはバザー献品の受付を待っていた方もおられ、地域の方々にも認知されているのかな?と感じます。よりよりバザーに出来るよう努めたいと思います。

昨年の写真も載せましたが、今年もシャローム横浜様から衣装をお借りして、コスプレで皆様をお迎えしたいと思います。シャロンちゃんのコスプレは・・・。何か偽物感が出ていますね・・・。本物怒ってますし・・・。

 

作品展示は若松台ふれあい広場書道サークルの皆様の作品展です。

展示されている作品を写真に撮って紙面に掲載しているのですが、フラッシュの光が入ってしまったり、反射で撮影者が写ってしまったり、実は結構気を使いながら写真撮影をしています。

写真をよく見ると、広報委員が写り込んでいることもあるかも?今月号はないはずですが・・・。

 

とこんな感じで4月号の解説でした。

広報委員長は既に5月号の構想を練っている所です。4月号終わったばかりなのになぁ・・・。

来月号も慎始敬終、最後まで気を抜かず頑張っていきたいを思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です