4月号の作成を終えて

平成30年4月号が完成致しました。

新年度を迎えました。この30年度は報酬改定も行われまして、ご利用者を初め、ご家族、ケアマネジャーの皆様にもご利用料の変更や、ご利用時間数の変更等、多大なるご迷惑をお掛けしている所です。

昨年末から年度末にかけまして、こんにちは紙面にて、報酬改定等の補足・説明をさせて頂きましたが、実際にサービスにおいては様々な事が変わり、私たちも理解へ努力が必要だなと感じています。

さて、では4月号の解説を書いていきたいと思います。

1ページ

 

年度初めは施設長の文章になります。

新年度の挨拶として、今回は問題提起のコラムとなっています。

介護保険制度の中で介護事業者は運営をなされていますが、介護報酬の改定毎に事業所として舵取りを、時には大きく切り替える必要が出てきます。

その大きな流れに乗り切れないと「事業廃止」という憂き目にあう可能性もあり、現実に廃止しているデイサービスやヘルパーステーションが多々存在しています。

もちろん全ての事業者がその様な理由だけで事業廃止をしている訳ではないでしょうし、会社によっては経営的な判断もあるのだとは思います。

ただ、私が働き始めた20歳の頃(介護保険元年です)に想像していた介護の世界からすると、大きく違う世界に変わってしまったな、という印象は残念ながら拭えません。

「ご利用者とご家族と介護に関わる事業者」が共に満足して共存のできる介護保険・報酬の改定を今後望んでいきたいと私も思います。

 

2ページ

今年度から新たに始まりました「放課後等デイサービス」の紹介になります。

4月13日よりグランドオープンをし、現在2名のご利用者(児童さん?)が来所されています。

スタッフからも一言ずつ頂いて掲載させて頂きました。

まだ始まったばかりのサービスで、今までの介護の畑から参入する事になりましたが、色々と学びながら、皆様からのご意見も頂きながら共に作り上げていきたいと思います。

今後も紙面やブログで経過をお伝え出来ればと思います。

 

3ページ

シャローム若葉の各事業にて行われたお花見のMAPを作ってみました。

グーグルマップを使用して大丈夫なのか心配で権利の部分を良く読んでみたのですが、ロゴを入れる形であれば、商用利用でなければ使用出来るようでしたので、今回グーグルマップを使用して紙面を完成させました。

実は一度やってみたかった「地図」を使用しての紙面作りで、今回初めて達成出来た形になります。

本当はもうちょっと色彩豊かに作りたかったのですが、なにぶんセンスが追いつきません・・・。

色々と他の紙面を参考にしながら試行錯誤していく事が必要ですね。

 

4ページ

上段は前号に引き続きバザーのお知らせです。

今年はフリーマーケット形式になった事は前号でお伝え済みですが、応募の方も少しずつ増えてきております。7区画用意しておりますが、それを超える場合には抽選となりますので、ご了承頂ければと思います。

 

中段はふれあいサロンの場所の変更についてです。

今までふれあいサロンとして活用していた部屋を放課後等デイサービスとして始業する事となりましたので、ふれあいサロンは隣の事務室へ移動する事となりました。

4ページの中段は、ふれあいサロンの展示を掲載させて頂いておりますが、今後も継続致しますので、よろしくお願い致します。

 

と今回の解説は以上です。

2018年度が始まり放課後等デイサービスの事業もスタート致しました。

実は4ページの下の奥付の部分の更新をすっかり忘れてまして昨年度のまま作成をしてしまいました。(紙面では直っておりますのでご安心下さい)

なるべく誤字・脱字を無いように作成したいと思いますが、皆様からも何かございましたらシャローム若葉までご一報下さいませ。

今年度もよろしくお願い致します。

 

最後まで見て頂きありがとうございました。

カテゴリー: 広報委員会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)