10月号の作成を終えて

10月号が無事に完成致しました。

今回も解説を書いていきたいと思います。

 

1ページ

10月号はボランティア感謝の集い特集となります。

表紙も感謝の集いの一コマを使用させて頂きましたが、集いの内容については後述させて頂きます。

シャロンちゃんはハロウィン仕様です。ホントはもうちょっと色々と作りたかったのですが、若干手抜きになってしまいました。31日の夜には街中をコスプレ姿で歩く様子がよくテレビで紹介されていますが、ハロウィンは市民権を得た様な気がしますね。

 

下段は虹の家の訪問医をしてくださっているクリニックあしたばの中村院長のコラムです。注射はあまり好きではないのですが(好きな人がいるとは思えませんが・・・)、痛く無いように上手に打ってくださるので、初めてお会いした時は、凄いなーと思った記憶があります。

虹の家においては、丁寧な対応をしてくださっており、とても頼りになる先生です。

今回インフルエンザについて寄稿頂きました。インフルエンザの報告事例が千葉市でもちらほらと聞かれている様です。予防が肝心ですので、皆様も予防接種をお忘れなく。シャロームの職員は11月初旬に予防接種があります。

 

2ページ

去る10月1日に行われましたボランティア感謝の集いの特集を掲載させて頂きました。

今年は時系列に沿った形で紹介させて頂きましたが、ちょっと見づらかったでしょうか?

第1部から第5部までの構成で、第1部では東海林理事長の挨拶や高幣施設長の感謝の言葉、またお忙しい所ご出席頂きました来賓の方々からご挨拶を賜りました。

 

第2部では毎年恒例なのですが、ボランティアの方々の活動をスライドショーにして流させて頂きました。実は今年のスライドショー。流す形式を変更したのですが、直前までなかなか上手く行かず、本番直前でなんとか流す形式が決まったのですが、本番の時に、映像と音楽の内、音楽だけが止まってしまうアクシデントが!

施設長の機転でなんとかなったのですが、電気関係はなかなか上手く行かないですね・・・。反省して来年に活かします。

 

第3部はこんにちは紙面ではちょっと分かり難いですが、デイサービス、グループホームの責任者によるボランティアの紹介をお一人お一人させて頂きました。いつも本当にありがとうございます。

第4部は笑顔になる贈り物という事で、5つの演目がありました。

前半の演目はボランティアで来て頂いており、デイサービス等でご利用者向けにご披露頂いているものでした。

スタッフは普段はしっかり観る事が出来ないので、観るには丁度良い機会だったのですが、私は出し物の準備の為、残念ながら僅かな時間しか観る事が叶いませんでした。

 

後半はスタッフによる出し物でした。

淋しい熱帯魚は新年会を皮切りに敬老会等でも披露されたもので、ゆみぃ&みっちぃのお二人による息の合ったダンスを披露頂きました。こんにちはの2月号及び2月号の感想ブログでもその様子が紹介されておりますので、もしよろしければご覧になってみて下さい。

続いての出し物はシャロームの男性職員有志によるパーフェクトヒューマンでした。

直前の練習まで本当にピシッとは行かず、本番大丈夫かな!?と思っていましたが、何とか無事に終える事が出来ました。後で色々とお褒め頂き、嬉しいやら恥ずかしいやらでした。

実は歌は替え歌にしているのですが、結果的に理事長の名前を連呼する形になり、非常に苦しいものがありました。( 昭二 → しょうじ → 東海林 同音異義語って怖いですね・・・ )

大分賑やかした会をしっとりと落ち着けてくれたのが、第2デイのスタッフによるフラダンスです。今回初披露だったと思うのですが、練習の際でも非常に完成度が高く、その力を遺憾なく発揮されていました。

今回の感謝の集いの司会を務めた第2デイの小川主任は司会の他に、淋しい熱帯魚とフラダンスに参加されておられ、八面六臂の活躍を魅せてくれました。本当にお疲れ様でした。

 

第5部は昼食懇親会でした。今回、スタッフは色々と活躍をしていましたが、厨房の皆様は陰ながら、しかし大きな働きをしてくださっています。今回もメニュー考案から作成まで、色々と準備が必要だったかと思います。皆様にお出ししたメニューはスタッフも後で頂きましたが、大変美味しく頂きました。

ご来場頂きました皆様のお口には合いましたでしょうか?

 

 

3ページ

上段はグループホームと第2デイにてワーキングスタディ生として勤務している小出さんのひとり言葉です。学生の立場ではありますが、同時に仕事をしてくださっています。

色々と覚えることが多く大変かとは思いますが、覚えて実行してみて、ご利用者に喜ばれるとそれが介護職員としての成長になるのだと思います。今後も学校に仕事に頑張ってくださいね。

 

下段はシャローム若葉の用務員施設長及び営繕の力作のご紹介です。

本文にも触れていますが、中込さんより頂戴致しました階段に手すりをつけて歩行練習の一環として活用させて頂いています。ご利用者からの評判も上々で、何回も乗り降りを繰り返されて、思わずスタッフが止めるといった一幕もあったようで、皆様に愛されて活用されている様です。

 

4ページ

上段は研究発表会のご案内になります。

来月号にもおそらく告知をさせて頂きますが、秋の恒例行事、研究発表会が行われます。

どなたでもご見学頂けますので、是非ご興味がございましたらご一報の程よろしくお願い致します。

連絡先:043-308-8588 担当:森川まで

中段は割り箸アートです。

前にもご紹介させて頂きましたが、今回は10ヵ月と長い期間で作り上げられた作品も展示されております。展示されている説明にも書いてあるのですが、飲食店等で使用した箸を洗浄・消毒したものを使用したエコ作品でもあり、そのままでは廃棄されるものを芸術品として昇華された鈴木さんは大変素晴らしいと思います。

是非お近くで見学なさってみて下さい。

感想ノートも置いてありますので、感想も是非!

 

と、今回の解説は以上です。

ボランティア感謝の集いに思い入れが強く、予想通りの長文となってしまいました。

秋到来!というよりは一足先に冬が来たような陽気が続いています。外出後にはうがい・手洗いをして健康な体を保っていきましょう!

カテゴリー: 広報委員会 | コメントする

嬉しい事がありました!

本日、10月5日に北貝塚小学校の先生と児童の計四名の方々がシャローム若葉に来訪頂きました。

北貝塚小学校で行われた地域福祉に向けた活動との事で、学校全体で募金活動を行って頂き、本日その募金をご持参して下さいました。

その中で児童さんからお話があったのですが、募金開始当初は募金の目的や意義を話しても中々理解が得られず、反応はあまり良くなかったそうです。しかし、丁寧に話を進めていくことで他の児童さんからも理解が得られ、結果なんと6万円を超える額が集まったとの事でした。

その地域福祉への熱い気持ちは非常に嬉しく、また非常に心強くも感じました。

 

この度頂戴いたしましたそのご寄付につきましては、虹の家のリハビリ機能強化の為に、ルームマーチの購入費用へと充てさせて頂きたいと考えております。

↑画像イメージ(というよりも同型のものです)

本来であれば現在作成中の10月号紙面に掲載させて頂きたい所ではあるのですが、ルームマーチを購入した後、ご利用者も使用している写真も併せてご掲載させて頂きたいと考えており、11月号のこんにちは紙面に掲載させて頂ければと思います。

 

終業式直後のお忙しい所わざわざご持参頂きまして誠にありがとうございました。
(期間はちょっと短いですが)秋休みを楽しんで下さいね。

カテゴリー: 地域交流委員会 | コメントする

第2デイサービス敬老会

第2デイサービスの敬老会が今週開かれており、明日最終日を迎えます。

こんにちはでもご紹介致しましたが、今年度の敬老会の様子をちょっとご紹介させて頂ければと思います。

 

スタッフの賛美歌から始まり、施設長のお祈りと感謝の言葉があります。

行事としての形式的な物についてはここまで。

ここからは皆様を楽しんで頂くための出し物の時間となります。

外部からおいで下さいましたボランティアの皆様から歌や踊りをご披露頂いており、

ご利用者も音楽にノッていたり、一緒に歌ったりされて雰囲気を盛り上げています。

その合間には

髭剃り片手に準備をする職員も・・・

何の披露だったかは写真で分かりますでしょうか?

 

スタッフによる出し物は日替わりで行っており、

本日9/21は某サンバの踊りがあった様です。

残す所あと1日ですが、スタッフも全力で盛り上げております。

ご利用者の皆様には楽しんで頂けるよう、精一杯努力をしていきたいと思います。

カテゴリー: デイサービス | コメントする

9月号の作成を終えて

今月も無事にこんにちはを完成させる事が出来ました。

また解説を書いてみたいと思います。

 

1ページ

シャローム若葉のデイサービスでは敬老会のイベントにおいて全ご利用者に記念品を贈呈させて頂いておりますが、その時の写真を今月の表紙にさせて頂きました。

実際にその時にお渡ししたいのですが、そうすると出し物のご観覧の際に邪魔になってしまいますので、すぐに一度お預かりさせて頂き、お帰りの際にお渡しする形となっています。

下段は福祉用具の高橋主任のコラムです。

自助具を作ってみようという発想は、用具の選定をして、実際にサービスに立ち会い、使用してもらっているからこそ出て来る発想なのだと思います。こういった積み重ねが、福祉の発展をしていくのだろうなぁと思います。

その発展の最たるものが「国際福祉機器展」になろうかと思います。

9月27日~29日に東京ビッグサイトにて行われますので、ご興味がありました是非!

上のシャロンちゃん、本当は麦畑のイラストを用意したかったのですが、残念ながら見つからず、米畑(?)になってしまいました。それにしても新米が出回り始めましたねぇ。

 

2ページ

告知については書いてある通りですが、掲示板の背景は黒板風になっています。ですので、本当はチョーク風イラストなんかも作って載せてみたいのですが、なかなか技術が伴わず悩んでおります。

今月の掲示板の左上の角にはキンモクセイのイラストを入れています。実は先日ご利用者から「あそこ(2ページ)はいつも花変えているのね」と気づいて頂きまして、小さなこだわりではあるのですが、気づいて頂けると嬉しく思います。

 

3ページ

3ページ上段は第1デイの野口さんのひとり言葉です。HP上でも以前にご紹介させて頂きましたが、スクエアステップの始まりについて書いていただきました。

運動を行うのは大切と思っていながらも、なかなか習慣化することは難しく、その取組の一環としてスクエアステップが導入されました。

ご利用者の皆様も「難しいのでは?」「転ばないか?」などの色々な不安を抱えておられた様ですが、その不安を一つ一つ取り除きながら、皆様の健康増進を進めていければ良いなと思います。

始まって半年で少しずつご利用者からの反響も出始めた訳ですが、1年後にはさらに良い評価になっていて欲しいと思います。

 

3ページ下段は敬老会の写真の続きになります。

9月号作成中には第2デイサービスの敬老会が行われておりませんでしたので、今号には第1デイサービスの写真のみが使用されております。

今年入職した新人職員も世代ではないであろう「オヨネーズ」の「麦畑」でまっつぁんを演じており、ご利用者からは「下手くそー(笑)!」等の温かい「声援」が送られておられました。スクエアステップと同様来年が非常に楽しみになってきています。

文章の最後に書いておりますが、第2デイの敬老会の様子は来月号には載せられませんので、ブログにアップさせていただければと思っています。こう宣言したからにはやらなきゃならぬと自分を追い込みつつ、20日前後にはアップできればと思います。

 

4ページ

上段には認知症のイベント情報を掲載させて頂きました。

 

今年6月に公開されて全国で順次上映されている『ケアニン』ですが、千葉県では上映予定がなく、東京都や神奈川県等でしか見る事の出来ない映画でした。

その東京都などの関東での放映もすでに期間が終了しており、現在(9月18日現在)では東海地方の一部と関西~九州の方でしか見ることが出来ません。

この機会に是非ご覧になっていただければと思います。

 

詳しくは以下のチラシをご覧ください。

映画『ケアニン』チラシ

その他に、世界アルツハイマーデー記念講演会や認知症メモリーウォーク等も千葉市では行われます。詳しい情報につきましてはお気軽にお電話ください。

 

下段は押し花展になります。

押し花で絵を描くという『ふしぎな花倶楽部』の皆様による展示になります。

毎回素晴らしい絵を展示頂いていますが、今回はその絵に何の花を使用しているかもタイトル下部に記載されていました。近くで見ると本当にその質感に驚かれると思います。

是非お立ち寄りの際にはご覧になってみてください。

 

と、今回の解説は以上です。

編集後記にも書きましたが、暑かったり寒かったり一日の気温の変動が大きく、体調を崩しやすい時期になってきました。お体にはくれぐれもお気をつけてこの季節をお過ごし下さい。

カテゴリー: 広報委員会 | コメントする

8月号の作成を終えて

8月号の解説

先月の反省を活かし、今月号は解説を早めに書き始めました。

 

1ページ

表紙の写真はいつもとレイアウトを変えて3枚写真を掲載させて頂きました。

真ん中は若松の写真で両脇に桜木の写真を掲載しています。賑やかな行事では使いたい写真が複数あり、先月の解説にも書きましたが、選別に良い意味で苦労をします。中でも一番右写真、第2居宅の髙橋ケアマネとご利用者のツーショットは是非使いたいと思い、掲載させて頂きました。

(↑残念ながら今月号に採用されなかった写真です。ご利用者の顔が写っている写真も含めるともっと沢山あります)

ご利用者ご本人に「この写真使って良いですか?」と確認した際には恥ずかしがられながらも二つ返事でご了承頂き、大変ありがたく思います。手に持っているビール(?)も似合っている良い写真でした。

コラムは第2デイの小川主任に書いて頂きました。

今年は地域の方も納涼会にご参加頂き、盛大なお祭りとなりました。毎年、皆さんに楽しんで貰える行事を考える現場は本当に試行錯誤の連続で大変だと思います。来年は更にパワーアップした納涼会を行いたいとの事でしたので、今年来られた方も来られなかった方も是非足を運んでみて下さいね。

 

2ページは一言掲示板です。

ヘルパーさんが訪問させて頂くご家庭はご利用者だけがお住いな訳ではなく、同居している「ご家族」もいらっしゃいます。私も訪問の仕事をしていた事がありますが、忙しい仕事の中で一服の清涼剤だったりしました。

ペットを飼う有用性は最近よく言われており、認知症予防だとかストレスの軽減、癒やしの効果等、様々な検証が行われている様ですが、ご利用者にとっても訪問するヘルパーにとっても癒やしになっているみたいです。

福祉用具からは来月9月に行われる国際福祉機器展のご紹介がありました。シャローム若葉の職員も毎年伺っており、進化していく機器に感動させて頂いた覚えがあります。

ポスターの画像を是非使いたいと思い、国際福祉機器展の事務局である保健福祉広報協会様に確認を取りました所、快諾頂きまして、画像を貼り付けさせて頂きました。

国際福祉機器展は福祉従事者はもちろんのこと、現在在宅で介護にあたっているご家族の方も一度見てみると参考になる部分も大いにあろうかと思います。

3日間行われますので、お時間が許せば、是非足を運んでみて下さいね。

詳しくは国際福祉機器展の紹介HPご参照下さい。

 

一般財団法人保健福祉広報協会

URL https://www.hcr.or.jp

バナーはこちら

 

3ページ上段は若松事業所で営繕として働いている西田さんの文章です。

何年か前、若松で仕事していた際に、ご利用者から良く聞かれた質問に「あの男の子は誰?」というものがありました。掃除に草刈りにと営繕の仕事を黙々と真面目にこなす姿にご利用者も非常に好感をもっておられた様でした。

今回は、そんな西田さんに文書を書いてもらうだけではなく、周囲の方の評判も載せさせて頂きました。

また西田さんの回答の中に、「心の温かい職員の皆さん」「勤めてとても良かった」と回答頂いたのはこちらとしても嬉しく思います。ちなみに僕が命令してそう書かせたって訳ではありませんよ!?

 

3ページ下段は納涼祭です。

前回の解説にもフライングで書かせて頂きましたが、桜木、若松事業所にて行われた納涼会のご紹介です。

照明にセロハンを貼って薄暗くしたり、色々と手作りで皆様に楽しんで頂ける納涼祭を企画しているデイには本当に頭が下がる思いです。前述の通り、多くの近隣の方もお祭りにご参加下さり、例年以上の盛り上がりを見せました。来年もご参加頂けるように考えておりますので、是非ともお誘い合わせの上ご来場下さいませ!

来年の予定も「こんにちは」か「ブログ」に載せさせて頂きたいと思います。

 

4ページ上段は虹の家家族会のご報告です。

7月号に予定を書かせて頂き、その際には「雨振らないといいなぁ・・・晴れすぎないといいなぁ・・・」と書いてましたが丁度雨振らずに晴れすぎない陽気だった様です。

今回の様に「7月号で予告、8月号で実績報告」の様な流れのある紙面づくりは個人的には好きでして、あとで見返したくなる様なこんにちはを作っていきたいと思います。

 

ふれあいサロンの展示は先月と同じく写真展ですが今月は野鳥の写真となります。

写真を写真で撮ってお見せしているのが非常に悔しい思いではあるのですが、躍動感のある写真や美しい写真が沢山展示されています。

実は5月から第2デイサービスで運転手として勤務されている石屋さんが所属されている写真倶楽部の皆様の作品集となります。他にも色々とあるのでしょうか?是非とも拝見したいものです。

 

編集後記にもありますが、今夏は過ごしやすい日もありますが、猛暑の日もあります。くれぐれも熱中症にはお気をつけてお過ごし下さい。

最後まで見て頂きありがとうございました。

 

最後にもう一回国際福祉機器展のバナーを・・・

正直、バナーとかを使うことが初めてなので、使い方があっているのかどうか・・・。

クリックしますと国際福祉機器展のHPにジャンプしますので、ご興味がございましたらクリックしてみてくださいね。

カテゴリー: 広報委員会 | コメントする

7月号作成について(画像有り)

ブログも1ヶ月に1回更新を考えておりましたが、残念ながら遅れて8月になってしまいました。

今回もこんにちはの解説を書いてみたいと思います。

 

1ページ

 

表紙は七夕の行事を載せさせて頂きました。

今回の若松台幼稚園様を始め、多くの幼稚園・保育園の方々にご協力頂いてシャローム若葉は成り立っています。

子供さんの前ではご利用者も非常に良い顔をしておられ、スタッフにはない子供が持つパワーを改めて感じます。

 

下段のコラムは今年の4月から新規事業で立ち上げました第2居宅介護支援事業所の森川主任に頂きました。

「「忙しい」の字は心を亡くすと書く」とよく言われます。

忙しさとは仕事に愛を込める事が出来なくなっていく事なのかなと感じます。仕事に愛を込める事がより良い仕事を成すことが出来ると考えると、こんにちは作りも愛を込めてやっていきたいと思います。

いや、今でも十分に愛を込めているつもりですよ!?

 

2ページは一言掲示板です。

今回はあんしんケアセンター桜木、第1デイサービス、給食部門、虹の家、第2居宅介護支援事業所の5事業・部門になります。

今回は是非掲載したい文章・写真が多く、良い意味で構成に困りました。結果4ページ上部にまでおまけという形で追加致しました。掲載したいものが多いのは作り手としては大変嬉しいのですが、どれを不採用にするかを非常に悩む部分でもあります。掲載する物が無いよりは良い悩みではあるのですが。

 

3ページ上段は第1デイサービスの江澤さんの文章です。

今回は「ありがとう」という言葉がキーワードですね。

実は、デイサービスご利用の方から直接感想を頂く事がありますが、特に反響が多く、皆さん感心して読んでおられたようでした。本当に「ありがとう」という言葉には大きな力があると思います。

こういう風に考えている職員さんがいることにも「ありがとう」と言いたいと思います。

 

今回の文章が反響が非常に良かったので、江澤さんにレギュラーで書いて下さいとお願いしましたら、丁重にお断りをされてしまいました。残念!

 

3ページ下段は避難訓練です。

避難訓練は年に2回、桜木事業所と若松事業所にて行っており、今回は6月14日の桜木事業所での様子を紹介しています。(ちなみにグループホーム虹の家は2ヵ月に1回実施しています)

桜木事業所は2Fがデイフロアになっていますので、外階段を使用して車椅子のご利用者も含め1Fへ誘導させて頂いており、速やかな避難も然ることながら、転倒事故も起きないよう気をつけて行っています。

本当は車椅子で2Fから1Fへ降りている写真も(避難訓練の邪魔になりながら)撮っていたのですが、避難終了後にデジカメを確認したら正常に記録されておらず、終わった後の公表の写真をバシバシ撮った覚えがあります。火の元もデジカメも確認が大事だと痛感しました。

 

 

4ページ上段は一言掲示板の追加分です。

第1デイでの納涼祭の告知をさせて頂きました。初挑戦の部分も有りましたが何とか無事に終わりました。

8月号にて詳しく紹介させて頂きますが、夏祭りの催し及びおやつをご用意させて頂きました。

 

中でもご利用者に一番ウケが良かったのが、コレ↓です。

ご利用者の皆様もコップをあおっていましたが(職員も!?)、

実はコレはビールではなく、りんごゼリーなんです。

これも厨房の皆様の努力の結晶ですね。味も当然ビールではありませんが、美味しく頂きました!

ちなみに写真が全体的に黄色いですが、雰囲気を作るために、照明に黄色いセロハンを貼り祭りの雰囲気を作りました。(写真だとちょっと分かりづらいですね・・・)

この準備をしたのは財務の山本課長です。朝礼後から事務所にいなく、どこにいったのかと思ったら祭りの準備をされてました。普段はあまり素振りは見せませんが、隠れお祭り男の様です。

 

と、こんにちはの解説とこんにちは7月号の続報を書かせて頂きました。

これから8月号を作り始めたいと思います。

カテゴリー: 広報委員会 | コメントする

6月号作成を終えて

6月号はバザー特集で作成しましたので、こんにちは自体は比較的早めに作成が出来ました。一番大変なのは写真の選別で、どの写真も良いので全部使いたい所ですが、そうもいかないのが非常に残念です。

 

では今回の解説を書かせていただきます。

 

1ページ

表紙は当然バザーの写真となっています。

焼き鳥売り場からの記念写真です。学生さんから新卒の職員、ベテランの職員と一緒に売り場を担当していただいています。良い表情で写っていると思いますが、皆様はどう感じられますでしょうか?

シャロンちゃんは売り値の紹介をして頂きました。「Priceless」は結構昔のカードでCMで使ってたワードですね。古いかな?と思ったのですが、ちょっと前にもテレビCMで流れてた様です。

 

下段のコラムは理事長から頂きました。

「金よりも輝く銅メダリスト」非常に感銘を受ける文章でした。前向きに考えるって事は言葉にするのは簡単かもしれませんが、暴漢に襲われた場面を振り返り、あのように考えられるのは、素晴らしい事だと思います。

私も見習いたい所ですが、言うは易く行うは難し、でもあるな思います。

 

2-3ページはバザー特集です。

見開き左側はバザーが出来るまで。中央~右はバザー地図と各売り場の写真です。

約2ケ月半の間、バザーには色んな方が関わってくださっています。会議に出席される方はもちろん、献品頂く方、無償で様々な器材を貸して下さる自治会や会社、姉妹法人の方々。前日から当日にかけて準備にあたる職員。そして当日バザーにご来場頂いた皆様。多種多様なお支えがあってバザーを無事に開催出来ました。

暑い一日でしたが、熱い鉄板の前での模擬店。駐車場前での交通整理、車両誘導。自前でコスプレを用意してくれる学生の皆様。本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。また来年もよろしくお願い致します!

 

4ページ上段は、バザーにご協力頂きました皆様のご紹介です。表を作成していると、本当に多くの方が参加して下さっているなぁと感じます。また来年もご協力の程よろしくお願い致します。

 

4ページ下段は、水彩画展になります。非常に美しい色彩で描かれた水彩画が展示されております。

絵の展示はふれあいサロンの壁に取り付けられているチェーンに吊り下げる形なのですが、この度ワイヤー型で簡単に高さ調節の出来るものを購入致しまして、次回からはそちらを使って展示する事となります。

ご覧になる方々にとっては何がどう?って話かも知れませんが、展示する方々にとっては高さ調節が楽になる分、ちょっと展示が楽になるかも知れません。

 

 

今回はちょっと短めに解説(今回は感想に近いですかね?)を書いてみました。

最後までご覧頂きありがとうございました。

カテゴリー: 広報委員会 | コメントする

5月号の作成を終えて

こんにちは5月号の作成を終えたあと、業務に忙殺しており、解説の事はなかなか書けずに今の時期になってしまいました。5月号はバザー準備号の様になっているのですが、バザーが終わった今、今回の解説を書いてみたいと思います。

 

1ページ

バザーの準備の写真を表紙に掲載させて頂きました。

いつものふれあいサロンの写真も掲載すれば、もう少し対比として分かりやすかったかな?と反省しております。

昨年の残りがそう多くはなく、献品受付スタート時はバザーになるか不安もありましたが、結果的には多数の献品を頂戴致しまして無事バザーが行われました。皆様のご協力誠に感謝です。

また、毎年その献品に値付けをボランティアでして下さっている皆様。写真に載っていない方もおられますが、その他にも多数のボランティアの方が値付けや当日のボランティアで参加してくださっております。

ボランティアの皆様、本当にありがとうございました。

 

コラム枠は私のコラムになります。

言いたいことはコラムに書いてしまいましたが、コラムもこのブログも言葉遣いには気をつけて更新したいと思います。

ちなみに慎始敬終とは「初めを慎んで、終わりを敬しむ(つつしむ)」という、「最初から最後まで気を抜かない」といった意味になります。

何気に自分の名前の漢字も入っていて気に入っている四字熟語ですが、総務に、広報に携わる身としてはこうありたいと言う四字熟語だとも思っています。今回の解説は、最初に反省から入っているという事は、慎始敬終が徹底出来ていないという事ですが・・・。

 

2ページ

2ページは今年度から始まりましたシャローム若葉一言掲示板です。

シャローム若葉の事業所はデイサービスからヘルパー、福祉用具など多岐に渡っております。

こんにちは紙面でも随時ご紹介しているつもりなのですが、事業所によっては年に1回しかこんにちはに掲載できない事もあり、シャローム若葉という施設全体をご紹介出来ていない状態でした。

今回の試みは、シャローム若葉の事業所を大きく2つのグループに分けて、それをせめて隔月で、一言で、紹介してみよう、というものになります。

実はこのページ。どういう形で作っていくかは、未だに完成されていない部分もありますので、レイアウトや背景画像等を模索しながら、見やすいレイアウトを探していきたいと思います。

 

3ページ

上段は現在グループホーム虹の家で勤務している大久保さんのひとり言葉になります。

新卒で入社して1年。仕事を覚えるのはもとより日々の業務をこなすのも大変だと思いますが、それでも頑張って1年勤務を続けてこられました。

学生から社会人へ。生活環境が変わるとそこに慣れていくのも大変ですが、仕事に慣れていって、これからのシャローム若葉を支えていって欲しいと思います。

 

下段は近所にあります「はま寿司」さんに取材をさせて頂き、色々とお話を伺ってきました。

ご入居者の中でも、お寿司が好物という方は多く、外食行事では「はま寿司」さんにお邪魔し、美味しいお寿司を頂いています。

記事の通りですが、私共の様々な注文にも快く応じて頂いている事を知り、私も以前より家族を連れて何度か通っている好きなお店ではあったのですが、より一層好きになってしまいました。

 

4ページは昨年度にご寄付頂いた方々のご紹介とバザーの直前のお知らせです。

年間様々な方からご寄付を頂いており、その想いを裏切らない様に気を引き締めて業務に当たりたいと思います。重ねてになりますが、本当にありがとうございます。

 

バザーについてはバザー前の最後の告知でした。

日程的にこんにちは印刷時期~発送時期にバザーが行われる事が多いので、例年5月号の紙面には告知も報告も出来ない事が多いのですが、今年のバザーは、こんにちはを発送(15日前後)して皆様のお手元に届いた後の週末(21日)という珍しいケースであり、告知をする事が出来ました。

今このブロクを読んで下さっている方には念の為お伝えしますが、バザーは無事に終了致しました。

6月号はバザー特集で紙面を作りたいと思いますので、ぜひそちらをご覧になって頂ければと思います。

 

と、今月号はまた長文となってしまいました。もうすこし簡潔に書けると良いですね・・・。

 

今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

カテゴリー: 広報委員会 | コメントする

2017年のふれあいバザーも無事に終了致しました!

昨日、シャローム若葉のふれあいバザーが行われました。

例年以上に感じるご来場者の方々の多さと例年以上に暑い陽気の中、今年度の大きな行事の一つを無事に終えることが出来ました。

バザーに向けて沢山のご協力を頂いた皆様、本当にありがとうございました。

良かった事や反省するべき点は色々とあろうかと思いますが、良かった所は継続し、反省すべき点はしっかりと反省して、また次年度のバザーに向けてしっかりとした準備を出来ればと思います。

これから「こんにちは6月号」を作成する所なのですが、6月号はバザー特集となる予定です。ご参加・ご来場頂いた方は当日を思い出しながら、ご参加頂けなかった方はバザーの雰囲気を味わって頂ける様に紙面づくりに励みたいと思いますのでお楽しみに!

 

せっかくのブログですので、バザーの準備段階の写真も載せてみたいと思います。

バザー前日のシャローム若葉若松事業所(献品の一時置き場と喫茶店準備)

 

給食の方々は特に大忙しです(さすがに中までは撮れませんでした・・・)

 

当日朝の準備です。

テント張りから始まり、販売品を各売り場に準備していきます。

と、バザーの準備はこんな感じでしょうか。

なんとなく雰囲気が伝われば・・と思います。

ご質問なども承っておりますので、ご質問などございましたら、是非コメントをどうぞ!

では、これからこんにちは6月号にて使用する写真の選別に入りたいと思います。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

カテゴリー: 地域交流委員会 | コメントする

今度の日曜日に・・・

いよいよバザーが2日前と目前に迫っており、本日はバザー会場である若松事業所には事前準備等が行われました。

写真を撮るのを忘れてしまい、画像をアップする事が出来ませんが、現在若松事業所ではバザーの品物が出番を待っている状態です。

これも皆様からの献品があってこそであり、ご協力頂きました皆様には感謝しております。当日は天候が恵まれますよう祈りつつ、皆様のご来場をお待ちしております。

なお、バザー開始は10:30からとなっております。

会場には駐車場がございますが、混雑が予想されますので、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域交流委員会 | コメントする